学校紹介

ご挨拶

img_outline_01

学校長 小川 嘉誉
社会医療法人きつこう会
多根総合病院 理事長

看護の新しい時代を担うあなたへ

今日医学の進歩により医療は専門化・高度化し、看護職に要求される看護の知識および技術の水準も一層高まってきています。本校では、そのような社会的ニーズに対応できるよう、保健・医療・福祉全般にわたる幅広い知識と視野および安全・確実で高度な技術をもち、高い教養を備えかつ豊かな感受性、人間愛あふれた人材を育成することを目指しています。新しい時代の看護を担う熱意と向上心にあふれた皆さんの入学をお待ちしております。

img_c3_message_01

副学校長 江﨑 喜江

私たち教員は、看護の心を育てます。

皆さんはどのような看護師になりたいですか。「なりたい自分・なりたい看護師」に向かって自分を高めることで、看護学校の3年間は皆さんを大きく成長させてくれます。学びの中で仲間と共に支え合い、時にはぶつかり合いながら「人」との関わりの大切さを知ってください。私たち教員は「人が好き」「人を大切に」と思う心を育てたいと思っています。

設置主体

img_outline_03

一般社団法人 大阪府病院協会

本校は、大阪府内345の病院が加入する一般社団法人大阪府病院協会により、会員病院が高い教養と知性を持つ優秀な看護師を求めていることに対応して設置された看護専門学校です。大阪府病院協会は、会員向け会誌の発行や、医師や看護師など医療従事者への研修会・講演会などを開催しています。行政並びに各医療関係団体との密接な連携を保ち、最新の情報発信をしています。大阪の医療機関の発展と増進に努めています。
img_outline_04

教育理念

教育理念 生命(いのち)の尊厳と人間理解を基盤とし、社会の動向に関心をもち、看護の専門職者として、必要な科学的思考と基礎的な実践能力を育成する。さらに自己研鑽し、倫理観を養い生涯成長できる人間の育成を目指す。
教育目的 看護に必要な知識および技術を教授し、豊かな人間性と誠実で公平な倫理観をもち、社会のニーズに対応しうる専門職者を育成する。
教育目標

img_outline_05

  • (1)生命(いのち)を尊び、人間が身体的、精神的、社会的、文化的に統合された存在として理解できる能力を養う。
  • (2)人々のあらゆる健康上の課題に対応し、科学的根拠に基づいた看護が実践できる能力を養う。
  • (3)保健・医療・福祉活動を担う一員として、看護者の役割と責任を自覚し、チーム医療を実践できる基礎的能力を養う。
  • (4)専門職として自己研鑽に努め、主体的に行動できる基礎的能力を養う。
  • (5)豊かな感性と人間性を培い、調和のとれた社会人として成長し続ける能力を養う。

沿革

昭和46年 東大阪市永和2丁目7-28に大阪府病院協会附属准看護学院を設立
昭和62年 大阪市浪速区浪速西2丁目13-9に移転
大病協看護専門学校と改称
看護専門課程(2年課程昼間定時制)を併設
平成14年 校舎全面改装
平成15年 准看護科廃止
看護専門課程(3年課程全日制)を看護第1学科として定員40名で開設
平成18年 看護第1学科定員80名へ増設
2年課程通信制定員250名で開設
平成20年 学校名を「大病協看護専門学校」から「大阪府病院協会看護専門学校」に変更

img_outline_06

校花「アンズ」
春の訪れを告げる、上品で清楚な美しい花。
不屈の精神という花言葉をもっています。

bt_totop